イベント

那覇まつり2019トイレや授乳室・オムツ替えのできる場所はどこ?

こんにちは! Miraiです。

もう10月ですね! 1日1日がとても早く感じます。
沖縄は季節の中でも、秋がとても短いように思います。

そんな秋の風物詩。今月は那覇でビッグなお祭りがあります!
知る人ぞ知る 「那覇大綱挽まつり」です。

このお祭りは、毎年10月の体育の日を含む土、日、月の3日間で開催されます。
昨年の来場者数はなんと31万8千人!!

地元沖縄の人たちだけでなく、国内外を問わず、観光客の方もたくさん来場されます。
中でも「世界一のわら綱」ギネス認定の那覇大綱挽は必見です。

大綱の全長は200m、直径が1m56cm、総重量40トンと言うから驚きですね!
挽き手だけでも1万5000人、勝負は20〜30分かかるのだとか。

今回の記事では、多くのご来場者の中でも、特に小さなお子様連れの方に向けて、イベント会場近くのトイレの場所や、おむつ替えや授乳が出来る場所についてお伝え致します。

那覇まつり2019トイレの場所は?

那覇まつりが行われる場所は、国際通りと久茂地交差点付近となります。

初日の市民演芸・民俗伝統芸能パレードが国際通りで行われます。

2日目は同じく国際通りにて、 東西の旗頭行列(うふんなすねーい)が行われた後に国道58号線の久茂地交差点で大綱挽が行われます。

本当に人でごった返しますので、ベビーカーは動きづらくなってしまう恐れがあります。
ヒールが好きなママも、今日は歩きやすい靴がいいかもしれませんね。

そして、トイレに関して。

皆さんどうしているかと言うと、会場近くのコンビニや飲食店、モノレール駅などの公衆トイレ、ホテルやショッピングセンターの物を利用しているとのこと。

イベントの最中に移動してしまうと、催し物を見逃したり、大綱挽であれば場所を開けたタイミングで他の方が参加されますので、出来ることならお祭り会場に到着前に済ませておくのが良いですね。

那覇まつり2019授乳室・オムツ替えのできる場所は

大人は事前に準備を済ませることが出来ますが、そうはいかないのがお子さんですよね。

催し物を楽しんでいるお子さんも入れば、ぐずっているお子さんもいます。
会場は大変な人込みと熱気ですので、おむつ替えや授乳は厳しいです。

そんな時の為に、那覇まつりの会場周辺で、おむつ替えや授乳が出来る施設を知っておくのも良いかと思いますので、こちらにご紹介させていただきます。

 

パレットくもじ(デパートりうぼう)8F  授乳室 3部屋・おむつ台 6台
国際通りからも久茂地交差点からも近く、分かりやすい立地!
授乳室はカーテンの仕切りの個室ですが、広さ的にはベビーカーでも入れるとのこと!
また、ミルク用のお湯・おむつ専用ゴミ箱・ベビー体重計・洗面台・シンクも有。
個室以外のスペースは男性も利用可!
おむつ交換台のみ使用する場合は、5Fにも設置があるようです。

ホテルJALシティ那覇 1F        授乳室 1部屋・おむつ台 1台
授乳室は個室。清潔感があり、中にはソファとカバンなどをおく棚があるとのこと。
スペース的には狭めで、ベビーカーごと入るにはきついようです。
おむつ台は多目的トイレ内に設置されているとのことです。

琉球王国市場 1F            授乳室 1部屋・おむつ台 1台
おむつ交換台、椅子、おむつ用ゴミ箱のみのシンプルなスペースのようです。
清潔感があり、広さにはかなりゆとりがありそう。
1組の方が利用し、終われば次の方が使うと言う感じとのことでした。

てんぶす那覇 1F            授乳室 1部屋・おむつ台 2台
授乳室は個室でなく、パーテーションで仕切られているとのこと。
シンク、洗面台もあり、スペースは広々。
個室以外は男性の使用も可とのこと。イクメンパパも活躍出来そうですね!

まちぐゎー案内所 ゆっくる 1F      授乳室 1部屋・おむつ台 1台
平和通りにある商店街の情報を発信する那覇市の施設。地域に特化した案内所としての機能はもとより車イスの方、オストメイトに対応した多機能トイレや乳児用の授乳室も併設してているそうです。また、まちぐゎーの情報誌「ゆっくる新聞」発行などまちぐゎーの情報発信もしています。

スポンサードサーチ

まとめ

今回の記事では、那覇まつり2019会場のトイレ情報とや授乳室・オムツ替えのできる場所についてお伝え致しました。

祭りの様々な催し物をご観覧の上で、少しでもお役に立てる情報となりましたら嬉しく思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

それではどうぞ、那覇大綱挽まつりを楽しんで下さい。

またお会いしましょう!