生活のお役立ち情報

沖縄県那覇市の神社10社

沖縄の県庁所在地であり、本島南部に位置する那覇市。

この記事では、那覇市にある代表的な神社10社の所在地、御祭神、御神徳(ご利益)をご紹介します。

沖縄県那覇市の神社10社

波上宮(なみのうえぐう)

琉球八社の一社であり、沖縄総鎮守。宮内には沖縄神社庁の事務所が置かれている。

波上宮の創建年代不詳だが、当時琉球八社は真言宗寺院に併置されており、多くは社寺同時に創建されたことから、波上宮は護国寺が開山した時期(貞治7年、1368年)に創建されたのではないかと推測されている。

御祭神
伊弉冉尊 (いざなみのみこと)
速玉男尊 (はやたまをのみこと)左神座
事解男尊 (ことさかをのみこと)右神座

別鎮斎
火神(ヒヌカン)
産土神(うぶすなのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)(薬祖神)

 

波上宮 (例祭:5月17日
沖縄県那覇市若狭1-25-11
TEL:098-868-3697

家内安全・商売繁盛・初宮詣・厄祓・車祓・安産祈願・交通安全祈願・商売繁盛・健康祈願・神恩感謝・心願成就・合格祈願・良縁祈願・攘災招福・海上安全 他

 

沖縄県護国神社(おきなわごこくじんじゃ)

琉球八社 包括宗教法人に属さない単立神社。明治以降の戦没者の御霊が祀られている。
創建は1936年(昭和11年)

御祭神
郷土関係靖國の英霊
沖縄方面作戦にて殉じた本土出身の英霊
戦争の犠牲となった一般住民・遭難学童および文官関係戦歿者

沖縄県護国神社 (例祭 4月23日・10月23日
那覇市奥武山町44番地
TEL:098-857-2798

家内安全祈願・厄除祈願・安産祈願・合格祈願・必勝祈願・商売繁盛祈願・交通安全祈願・病気平癒祈願・縁結び祈願

 

沖縄神社(おきなわじんじゃ)

首里城跡に創建も、第二次世界大戦で大破。後に現在の地へ鎮座。波上宮が管理している。創建は大正14年(1925年)

御祭神
舜天王(しゅんてんおう)琉球国王:在位 1187年 – 1237年
尚円王(しょうえんおう)琉球国王:在位 1469年 – 1476年
尚敬王(しょうけいおう)琉球国王:在位 1713年 – 1751年
尚泰王(しょうたいおう)琉球国王:在位 1872年 – 1879年
源為朝(みなもとのためとも 生没:1139年~1170年とされる

沖縄神社  (例大祭10月20日 午前11時)(弁ヶ嶽:沖縄神社)
那覇市若狭1-25-11
TEL:098-868-3697(波上宮社務所)

地域守護、子孫繁栄 他

 

安里八幡宮(あさとはちまんぐう)

琉球八社の中で唯一の八幡宮。人々の平和を願う一方で、武の神様としても知られている。
創建は1466年(明成化2年、文正元年)

御祭神
応神天皇(おうじんてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)
玉依姫命(たまよりびめ)

 

安里八幡宮  (例祭 旧暦9月9日
那覇市安里124
TEL:098-868-3697(波上宮社務所内)

・商売繁盛・無病息災・家内安全・縁結び・夫婦円満・子孫繁栄・安産・スポーツの上達祈願・稽古練成の安全祈願 他

 

天久宮(あめくぐう)

琉球八社。昭和19年 空襲で社殿焼失。戦後は御嶽形式で奉祀。昭和47年に本殿建立。
創建は成化年間(1465年 – 1487年)と推測されている。

主祭神
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
速玉男尊(はやたまのおのかみ)
事解男尊(ことさかのおのかみ)

天久宮  例祭 5月15日(旧暦4月5日)
那覇市泊3丁目19-3
TEL:098-863-3405工事安全祈願・車両清祓・交通安全祈願祭・家内安全・商売繁昌祈願祭・大漁祈願祭・厄払い・船舶航海安全 他

 

沖宮(おきのぐう)

琉球八社。初めは那覇埠頭の地に鎮座。1938年に国宝としてに指定されたが、沖縄戦で焼失した。現在は奥武山公園に鎮座。
創建年代は不詳だが、源為朝公時代(1139年~1170年)とも言われている。

御祭神
天受久女龍宮王御神(てんじゅくめりゅうぐうおうおんかみ。)
天智門女龍宮王御神(あまちじょうめりゅうぐうおうおんかみ)
天受賀女龍宮王御神(てんじゅかめりゅうぐうおうおんかみ)
以上の御三神のまたの名を天照大御神と称える。
天龍大御神(てんりゅうおおおんかみ)
天久臣乙女王御神(あめくしんおとめおうおんかみ)
天芳子乙女王御神(てんぽうしおとめおうおんかみ)
天仁子乙女王御神(てんじんしおとめおうおんかみ)
天来子乙女王御神(てんらいしおとめおうおんかみ)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
速玉男尊(はやたまをのみこと) 熊野三神
事解男尊(ことさかをのみこと)

沖宮
沖縄県那覇市奥武山町44番地
TEL:098-857-3293

厄払い・商売繁盛・金運上昇・七五三詣・車両清祓・安産祈願・合格祈願 他

 

識名宮(しきなぐう)

琉球八社。元々社殿は洞窟内にあり、光を発していた。その光によって願いを叶ったと信仰する人が増えたことから、この場所に識名宮を創建した。
創建は尚元王朝(1556年~1572年)とされる。

主祭神
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
速玉男尊(はやたまのおのかみ)
事解男尊(ことさかのおのかみ)
午ぬふぁ神(ごぬふぁしん)
識名権現(しきなごんげん)

 

識名宮  例祭 9月15日
沖縄県那覇市繁多川4丁目1-43
TEL:098-853-7225

懐妊祈願(子授祈願)・安産祈願・健康祈願・開運祈願・病気平癒祈願・厄祓・家内安全・学業成就・合格祈願・必勝祈願・旅行安全・良縁祈願・心願成就航空安全・海上安全大漁祈願 他

 

末吉宮(すえよしぐう)

琉球八社。首里末吉町の末吉公園内に鎮座。当時琉球八社は真言宗寺院に併置されており、多くは社寺同時に創建されたことから、万寿寺(現・遍照寺)と同時に建立されたのではないかと推測されている。
創建は景泰年間(1450年 – 1457年)とされる。

主祭神
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
速玉男尊(はやたまのおのかみ)
事解男尊(ことさかのおのかみ)

別鎮斎
土祖神 (つちみおやかみ)
澳津彦命 (おくつひこのみこと)
澳津姫命 (おくつひめのみこと)
産土神 (うぶすなのかみ)

末吉宮  例祭 11月23日
那覇市首里末吉町1丁目8(末吉公園内)
TEL:098-868-3697(波上宮社務所内)

学業成就・技芸成就・縁結び、子孫繁栄他

 

恵比須神社(えびすじんじゃ)

琉球八社・沖宮の先代宮司によって創建された。本殿付近はかつて処刑場であったことが知られている。
創設年代は不明。

恵比寿神社
那覇市字安謝251
TEL:098-861-6700

船舶、車両安全祈願・子授け安産祈願 他

 

出雲大社沖縄分社(いずもたいしゃおきなわぶんしゃ)

出雲大社の正式な分社であり、国内最南・西端の出雲大社の分社である。第二次世界大戦後の特殊事情から沖縄分社のみ「分社」の名称が認められている。

創建は不明だが、第2時世界大戦後から本土復帰にかけてという推測や、1970年(昭和45年)沖縄の祖国復帰を記念して日本の美しい文化を伝える目的で、島根の出雲大社から沖縄分社として建立されたとの説もあり。

御祭神
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)

出雲大社沖縄分社  例祭:新年祭 1月1日 秋祭 11月23日 月始祭 毎月1日
那覇市古島1丁目16-13
TEL:098-885-0346

縁結・開運家内安全・安産祈願・交通安全・旅行安全・病気平癒・厄除 他